駐車場マニア~自動車・バイク・パーキングに関するニュース
   駐車場・パーキング情報を主に自動車・バイクに関するニュースあれこれ情報発信。

  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[スポンサードリンク]

トップページ
 スポンサーサイト
[...続きを読む]

--/--/--(--)

トップページ
 【リコール】ダイハツ、ソニカなど3車種でリコール
 ダイハツは、ソニカ、ムーヴ、ミラの3車種において、エンジンの不具合についてのリコールを届け出た。  対象となる車両は、平成18年5月22日から平成18年12月14日の期間に製造された計2万594台。不具合は、ターボ付エンジンにおいて、インタークーラーの取付ボルトに締付けが不適切なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該ボルトが弛み、脱落することがあり、最悪の場合、脱落したボルトがエンジン回転を...[...続きを読む]

2006/12/23(土)

トップページ
 【リコール】BMW 1シリーズでリコール
 BMWは、1シリーズにおいて、ブレーキの不具合についてのリコールを届け出た。  対象となる車両は、平成18年3月4日から平成18年3月11日の期間に輸入された計175台。不具合は、ブレーキブースターにおいて、大気室の気密を保持するゴム製シールリングへのグリス塗布が不十分なものがあるため、シールリングが摺動不足となるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ブレーキ操作時に、当該リングが変形し、気密が保持でき...[...続きを読む]

2006/12/18(月)

トップページ
 【リコール】スバル、レガシィなど3車種でリコール
 スバルは、インプレッサ、レガシィ、フォレスターの3車種において、ヘッドライトの不具合についてのリコールを届け出た。  対象となる車両は、平成17年11月21日から平成18年9月30日の期間に製造された計7万1712台。不具合は、オプションとして装着されるヘッドライトを自動的に点灯作動させる装置(オートライト)をHID付きの車両に装着した場合において、電気回路が不適切なため、オートレベライザが正常に作動しないおそれが...[...続きを読む]

2006/12/08(金)

トップページ
 【リコール】ミツビシ、パワステオイル漏れのおそれ
 ミツビシでは、ミニカの一部において、パワーステアリングギヤボックスの不具合について改善対策を届け出た。 対象となる車両は、平成18年5月8日から8月1日の期間に製造されたミニカのうち5800台。不具合は、パワーステアリングギヤボックス内のラックバーの組付け作業が不適切なため、ギヤボックス内のオイルシールを損傷させたものがある。そのため、そのまま使用を続けると、損傷が進行し、オイルが漏れ、最悪の場合、ハンド...[...続きを読む]

2006/12/08(金)

トップページ
 【リコール】ミツビシ、ミニキャブなど17万台超リコール
 ミツビシは、ミニキャブ&ブラボーにおいて、灯火装置の不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成2年12月19日から平成11年8月19日の期間に製造されたミニキャブとブラボーの2車種うち17万2584台。不具合は、リヤコンビネーションランプの尾灯と制動灯兼用の赤色レンズにおいて、耐候性が不十分なため、長期間にわたり強い日射にさらされると徐々にレンズの赤色が褪色し、当該灯火の灯光の色が保安基準に適合...[...続きを読む]

2006/12/08(金)

トップページ
 【リコール】スズキ、シボレー・オプトラをリコール
 スズキは、同社が取り扱うシボレー・オプトラにおいて、ウォーターポンプの不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成16年12月13日から平成18年1月6日の期間に輸入された車両のうち656台。不具合は、ウォータポンププーリとフランジ部との溶接強度が不足しているため、タイミングベルトが偏心して取り付けられていると、タイミングベルトと当該フランジ部が強く干渉し、溶接が剥がれるものがある。そのため、...[...続きを読む]

2006/12/07(木)

トップページ
 【リコール】スズキ&シボレー、11万台超にリコール
 スズキは、同社の3車種と同社が取り扱うシボレー2車種において、エアバッグの不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成15年3月11日から平成18年9月4日の期間に製造されたスイフト、ワゴンR、ソリオ、クルーズ、MWのうち11万9718台。不具合は、助手席エアバッグの折りたたみ寸法が不適切なため、エアバッグと格納部との間に隙間が生じたものがある。そのため、エアバッグ展開時に側面方向の圧力が高くなり、側...[...続きを読む]

2006/12/07(木)

トップページ
 【リコール】いすゞフォワードでエンジン焼き付きのおそれ
 いすゞは、フォワードにおいて、オイルフィルタエレメントの不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成16年4月20日から平成18年11月21日の期間に製造されたフォワードのうち2万1453台。不具合は、定期交換用の補修部品として指定されているオイルフィルタエレメントにおいて、ケースの強度が不足しているため、原動機型式6HK1型に使用した場合、亀裂が発生することがある。そのため、そのまま使用を続けると、...[...続きを読む]

2006/12/07(木)

トップページ
 【リコール】少数台リコール、3車種に危険信号
 国土交通省は、対象台数が100台未満となる少数台数のリコール届け出をまとめて発表。3車種に走行不能や人命に関わる重大な不具合がリコールとして届け出された。 対象となる車両と不具合の内容は以下のとおり。 平成18年3月20日から平成18年4月22日の期間に輸入されたジープ・ラングラーのうち18台が、マニュアル・トランスミッション車において、クラッチ・ペダルとクラッチ間のプッシュ・ロッド接続部の強度が不足しているた...[...続きを読む]

2006/12/07(木)

トップページ
 【リコール】オペル や サーブ などが走行不能
 ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは29日、オペル『ベクトラ』やサーブ『9-3』など4車種の自動変速機用オイルクーラーホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。 02年6月から04年5月までに輸入された2074台が対象。オイルクーラーホースのラジエータへの装着状態が不適切なものがある。そのため冷却水が混入し、伝達効率が下がり、最悪の場合、走行不能になる恐れがあ...[...続きを読む]

2006/12/01(金)

トップページ
 【ホンダ】モビリオシリーズ20万台超リコール
 ホンダは、モビリオシリーズにおいて、制動灯スイッチの不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成13年11月28日から平成17年5月13日の期間に製造されたモビリオ、モビリオ・スパイクの2車種のうち20万9898台。不具合は、制動灯スイッチの電気端子の形状が不適切なため、電気配線側コネクタとの端子結合部の接触が不十分なものがある。そのため、そのまま使用を続けると、走行時の振動などで制動灯スイッチの接...[...続きを読む]

2006/11/25(土)

トップページ
 【アウディ】A8、エアバッグ不具合でリコール
 アウディは、A8シリーズにおいて、エアバッグユニットの不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成16年2月3日から平成16年6月15日の期間に輸入されたA8・4.2クワトロのうち384台。不具合は、運転席エアバッグ装置の展開構造が不適切なため、展開の際にエアバッグがホーンパッドと干渉するものがある。そのため、エアバッグが損傷し、展開が不十分となり、最悪の場合、運転者に過度の傷害を与えるおそれがある...[...続きを読む]

2006/11/22(水)

トップページ
 【アウディ】A4、1万5000台超のリコール
 アウディは、A4シリーズにおいて、電気装置の不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成7年10月25日から平成9年11月17日の期間に輸入されたA4・1.8、A4・1.8Tクワトロ、A4・2.6、A4・2.8クワトロの4車種のうち1万5303台。不具合は、原動機の始動スイッチにおいて、スイッチケースの強度が不足しているものがあり、そのまま使用を続けると、スイッチケースが破損し、最悪の場合、原動機の始動後も始動スイッチ...[...続きを読む]

2006/11/22(水)

トップページ
 【トヨタ】ハリアー、ウィンダムのリコール
 トヨタは、ハリアーとウィンダムにおいて、排出ガス発散防止装置の不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成9年12月15日から平成12年11月1日の期間に製造されたハリアーとウィンダムの2車種のうち5万4217台。不具合は、排出ガス中の酸素濃度を検出する空燃比(空気と燃料の比率)センサ回路故障時のエンジンコンピュータ制御が不適切なため、センサの内部配線が断線した場合等に適正な空燃比が得られなくなる...[...続きを読む]

2006/11/17(金)

トップページ
 【三菱】パジェロのヒューズボックス端子について[リコール]
 ミツビシは、パジェロにおいて、ヒューズボックスの不具合についてリコールを届け出た。 対象となる車両は、平成18年9月30日から平成18年10月24日の期間に製造されたパジェロのうち268台。不具合は、エンジンルーム内のヒューズボックスにおいて、製造過程での端子間の電源回路の導通検査に使用する検査治具が不適切なため、検査の際にすれ違い前照灯の端子を変形させたものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、...[...続きを読む]

2006/11/14(火)

次のページ
copyright © 2005 駐車場マニア~自動車・バイク・パーキングに関するニュース all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。